まだまだ寒い日が続いていますが、

2月に入り、ホントに寒いのもあともう少し!と思えるような時期になってきました。

そうなると、我々の事業部(山の仕事担当部署)は毎年この時期からスギの苗木の仕入・販売が始まってきます。

今日はその第1陣が入荷し、若手の担当職員が張り付いて荷役をこなしています。

ご紹介します。写真に向かって

一番左がGとう君です。おとなしめな人物ですが、意外と芯がある男です。

その右となりの黄色いのがSとう係長です。当組合の補助事業のキーパーソンです。彼は直射日光に2時間以上さらされると、溶けてしまいます(笑)

その黄色の前にいて残念ながら後ろを向いているのがHもと係長です。「山椒は小粒でピリリと辛い」は彼の為にある言葉です。

その右側のメガネをかけてマスクをしているのがIとう君です。なにやら一生懸命さをアピールしていました。

Iとう君の右側にサッそうと歩いているのが、Mおか君です。なぜだか歩いていました。

Mおか君の右側に立っているのがGくまる君です。Sとう係長の下で次代のキーパーソンになるべく修行中です。

最後に、右側の手前で後ろ頭が写っているのが、Aしかり君です。トラックに敷かれないように気を付けて!

↑この場所での荷役を終えて、荷台からサッそうと降りるSとう係長の有志。

トレーラーから降ろされた苗木は行先毎に本数をチェックされ、この後に小配送をかけます。

一番右に映っているのはMした君、みなさん、よ~~~く見てください。完全に、している「フリ」です・・・

(Mした君のまえで同じく「ふり」をしているのは、Iとう君)

おっと、でました!S月係長です。仕切ってる感があふれ出てます!

今シーズンに我らが必要とする苗木の総本数が約70万本だそいうで、

今回の入荷は、そのうちの6万本とのことです。

 

苗木屋さん!! 元気な苗木をありがとう(^_^)/~