みなさん こんにちは!(^^)!

2月に入って、朝晩は寒いものの、昼間はあったかい日が続いて何だか変な感じです。

花粉症の人たちは、そろそろ嫌な時期になってくるそうなので、早めの用心をされてください。

さて、今月から「木材・森林セミナー」と題して、内部の勉強会ですが月に2回開催するようになりました。

講師は、県職OBで農学博士でもあるTしまさんに努めていただきます。

その第一回目が昨日開催されました。このセミナーの目的は森林組合の次を担う人材の育成が最大の目的で、参加者は事務系の一般職のみならず、

現場系の技術職の方たちにも声をかけ、なんと41名もの皆さんが参加してくれました。

中には、一生懸命にメモを取っていた参加者もいました。

講師を務めて頂くTしまさんの人柄がにじみでた進行をしてくれておりました。

みなさん、T島さんって凄いひとなんですよ! 農学博士なんです! 知識とキャリアは半端ないんです!!

ぱっと見、それを全く感じさせないのがT島さんのいいところでもあります(T島さん、ごめんなさい(-_-;))

↑ これは、参加者が三つのグループに分かれて、木のサンプルを見ながら樹種を当てる作業をしています。

触ってみたり、重さを感じてみたり、匂ってみたり、といろいろです。

セミナーの内容は多岐にわたって考えていますので、みなさん今後も宜しくお願いします(‘◇’)ゞ