よくある質問

全体

森林組合とはどんな組織ですか?

①森林組合法に基づき森林所有者が組織する協同組合組織です。
②「森林所有者の社会的・経済的地位の向上」と「森林生産力の増進」,「森林の保続培養」を目的としています。
③組合員から委託を受け,生産,販売,流通にいたるまでのサービスを行っています。
④組合員に限らず山林の相談(手入れや買取)や購買品、事業所見学も出来ます。

どんな活動をしていますか?

佐伯広域森林組合では50年サイクルで、苗木生産・植林→下刈→枝打・除伐→間伐→皆伐→原木集荷→製材→木材利用を行うことで、地域資源をフルに活用し、地域の雇用創出・永続的に守るための地域循環・活性化に向けた取組みを行っています。特に、伐採後は必ず再造林し後世につなげる佐伯型循環林業として取り組んでいます。

組合員とは何ですか?

組合を組織している構成員で、管内において、10α以上の森林の所有者であれば1口(1,000円)以上の出資により加入できます。

組合員のメリットはありますか?

組合に加入することにより情報提供(年2回広報など)のほか、組合の行っている事業(立木の買取、植林、丸太の販売等々)の利用ついて営利を目的としない取引に該当するため収入印紙が免除されます。

組合員の加入や脱退、組合員名義変更、出資金額の確認について

申請書が必要になりますので、総務部まで問い合わせ下さい。

総代とは何ですか?

総代(そうだい)とは、「組合員の代表」のことで任期は3年です。
森林組合は組合員が1人1票の議決権を持って運営されています。しかし、約5千人の組合員が一堂に会することは不可能です。そこで一定の区域ごとに組合員の代表として選出された総代が、毎年9月に行われる通常総代会へ出席し、森林組合の方針や活動内容を決定します。

組合員である(親族関係)亡くなったのですがどうしたらよいでしょうか?

相続手続きが必要となります。一度お問い合わせください。
お問い合わせ番号
0972-54-3326 (窓口総務部)
「組合員についてお問い合わせしたい」とお伝えください。

事務所はどこにありますか?

アクセス情報をご覧ください。
本所・宇目工場・宇目共販所
佐伯支所
直川支所
本匠支所
佐伯共販所

佐伯市女島にある旧森林組合事務所はどうなっているのですか。

平成27年4月に事務所を移転しており、旧事務所は他の団体が使用しております。

佐伯プレカットはどこにいったのですか?

2017.06.30に佐伯プレカット工場は閉鎖いたしました。
皆様には長らくご愛顧頂き誠にありがとうございました。

佐伯広域森林組合で働きたいです。どうしたらよいでしょうか?

求人情報をご覧ください。
応募される前に職場見学も可能です。応募される際はハローワークを経由して応募ください。

大分県、全国にも森林組合はたくさんありますがどう違うのでしょうか?

大分県には13森林組合があります。その地域を管轄しており事業や活動内容は異なります。各都道府県ごとも同様です。

子供や一般の方でも植樹体験等に参加出来たりしますか?

年2回(秋と春)に森林ボランティアを開催しております。毎回現地等は異なりますが、子供からお年寄り、他の企業の方などが木を植えたりして自然と触れあう機会を設けております。参加はどなたでもOKです。開催1ヶ月前ぐらいから市報やホームページに案内を掲載したりします。

お問合せ時間について(営業日)

平日 8:00~17:00 休日「 第2,4(土) 日,祝」